RSS
Admin
Archives

はなやま散歩みち

日立市塙山学区と塙山学区住みよいまちをつくる会の活動情報。

プロフィール

はなとぴあ

Author:はなとぴあ
塙山学区と塙山学区住みよいまちをつくる会の活動情報を発信します。その他、のんびりと日々の何気ない時間を綴ります。

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
23
Category : 未分類
避難して最初の夜は何もわからず、
ただ市災害対策本部とのやり取りの繰り返しでありました。
市の職員が避難所の様子を確認に来たのは20:20。地震発生から7時間以上が経過していました。

20:25 パーソナル防災無線機、ラジオが届く。
20:45 毛布が50枚配送されるがこの時点で約290名が避難しており、各自が持ち寄ってなければ
絶えられないような寒さにさらされてしまっていました。

電話も繋がりにくく、交信は市災害対策本部から渡されたパーソナル無線機一台。
そしてラジオが2台。しかしこれも受信性能が悪すぎるため体育館の中ではほとんど役に立たないのも。
がっかりです。
テレビもない、ラジオも受信できない。
現在の市内や災害の状況がわからず一層の不安が。。。。

学区内の交信もこれまで各交流センターに配備されたトランシーバーで行いましたが、近隣の学区避難所と
チャンネルが同じに設定していたため、緊迫した各学区の交信内容が飛び込んできました。

IMG_3379.jpg 
テーブルの右側に置いてあるのがパーソナル防災無線機、 左側が学区内の連絡に使うトランシーバー

こんな大災害を本当に想定していたら、同時に使うトランシーバーは別チャンネルで設定していたはず。
やはり、誰もが日立市に大災害が来るなんて思っていなかったのかもしれないのです。
反省の一言です。
(今後、会長会議でトランシーバーのチャンネルの設定を決めてもらわなければなりません。)


食料が届かず、この日の夕飯は交流センタースタッフや関係者で明かりもない寒空の下、
自前で炊き出しを行い、避難者の胃袋をわずかに満たしました。
IMG_3327.jpg



市災害対策本部も一生懸命に対応してくれてはいるが、こんな災害は
今までなかったはずで手探りで苦労している様子。



12日になると市内のグランバースさん(大みか町)からケーキが、
IMG_3330.jpg

ベイシアさん(留町)からハム、ウィンナー、パンなどの差し入れが届けられました。
IMG_3451.jpg

「食べてください」「使ってください」とさりげなく当たり前のように届けられた
この差し入れにスタッフ一同感謝。
やはり生き抜くには食べることが大事です。



電気や水道が使えない状態で、発電機やストーブの燃料確保も一苦労してきました。
ガソリンはスタッフが並んでやっと10L手に入れることが出来たり、灯油は学校の備蓄を
使わせてもらったり、多くの人が支えあいながら苦難を乗り越えようと労力と知恵を出し合い、努力していました。


3月12日(土)、10:40 避難者の住所氏名性別などの名簿作成の指示あり。
スタッフが一人ひとりに聞き取り調査を行い手作りで作り上げました。


道路の渋滞でなかなか食料も届かなかったが、13日あたりから徐々に支援物資や食料、水などが届きだし
避難所の台所が安定しいてきました。
IMG_3456.jpg
IMG_3473.jpg

それでもわずかなパンかおにぎりと水の食料配布とし、先が見えない避難生活も食料があることで
安心できるように工夫をしました。


小学校の体育館で大勢の避難者が集まり、病気や怪我、不安解消には市からの応援は当てにはならないので、
学区独自に4名の看護師を手配。積極的に健康管理に注意しました。
これも学区防災訓練や日々の活動の中で看護師さんとのつながりを築いてきたおかげではないでしょうか。


市の手配で医師、保健師が巡回してきたのは17日(木)11:30、地震発生、避難生活から6日目のことでした。



学区内の要支援者の高齢者に対しても民生員さんと連携、テキパキと安否確認、食料、水を届けて不安を
取り除くことを心がけてきました。
20110311東北関東大震災279



避難者の健康管理、学区内高齢者の安否確認、食料調達、ガソリンや灯油の確保など、市災害対策本部に
ただ頼るだけでなく、塙山学区の「底力」を見せようと頑張る避難所生活となりました。




明日はまた避難所生活の様子を。









塙山学区住みよいまちをつくる会 ホームページ
http://www.net1.jway.ne.jp/hanayama/



ブログランキング登録しました。
ぜひクリックをお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 日立(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。